天国の勇ちゃんへ

わずか17日と言う闘病の果て、旅立ってしまった彼へのメッセージと、自分の想いを綴ります。

三回忌。

勇ちゃん。。。


貴男と逢えなくなって、もう?まだ? 2年が経ったよ。。。


どうでもいい事・・・
2年。しか経ってないのに、世の中的には?「三回忌」と言う。  なんで?


3年目。に入るから。って事。なのかな。。。


丸2年。か。こんなにも頼りなく、ダメダメながら。  も。
過ごしてみた。よ。全然シッカリ。しなくって、きっと、勇ちゃんからしたら
「ダメ出しMAXっす!!」だろう(苦笑)とは思う。んだけどね。。。


あの日から。ず~~~っと。
自分時計は、やっぱり、止まったまんまで。


ただ、周りの時間だけが流れていて、それを、遠目で見ている様な?そんな感覚。


パっとみは、普通~に、ただ。そうやって日々を過ごしているだけ。 だよね。


やっぱり、貴男の居ない、この世は空虚で。
虚しくて、哀しくて、切なくて、苦しくて。。。 ただ。ひたすら逢いたい・・・


その想いが全て。だよ。


それでも。私は(まだ?)生きていかなくちゃならない。 らしい。。。


もう、身体の一部となった、仮面と、蓋と、鎧を身に纏って。ね。


諦め。っていうか。な。
世の中の、楽しい。とか、幸せ。とか。喜び。みたいなプラスの感情は、もうとっくに。
あの日から、「半分」以下。  だって。。。分かち合える、貴男が居ないから。


哀しみや、苦しみや、寂しい、恋しい想いは、倍以上。 だって。。。
聴いてくれる、半減させてくれる貴男が居ないから。。。


貴男が居ない。 と、思うだけで、こんなにも私の世界は変わってしまったよ。。。


それでも。過ごして行かなくちゃならないから。。。


私は勝手に、「意味」を見出し、勝手にこじつけ。 思い込み。


貴男に繋がっている・・・と。 壮大な妄想を心に抱いて。。。導かれる?まま。
この鉛の身体にムチ打って、呼吸をし、身体を動かし、なんとか自分自身で、自分を
労う。慰める。癒す。。。  それしか、ないんだ。よね。。。


「バカちんがぁぁぁぁぁあ~~~。何で私を1人、置いて逝った。。。。」


今日くらい。憎まれ口、叩いたって、良いよね。。。


嫌いキライも好きのうち・・・ そんな事言って、いっつも笑ってたっけ。勇ちゃん。。


今日も。 マルキへ。行こう。。。
一緒に。デート。だよ。  あ。あのね。チョット、考えてる事があるよ。今日のプラン


一緒に行く?!んだし、これはお視通し?と、言うか、勇ちゃんの差し金?それとも
お得意の、私に送ってる、インスピレーション?受信。。。 なのかな。


もう、全部、わかってる?!カモ知れないけどね。。。 行ってみよう。デート♡ね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。