天国の勇ちゃんへ

わずか17日と言う闘病の果て、旅立ってしまった彼へのメッセージと、自分の想いを綴ります。

稲佐の浜と「因幡のしろうさぎ」伝説。 

~出雲大社の追記。~


出雲大社内のどこかしこ。
「うさぎ」のモチーフの石造や、色々な建造物がある。。。


たまたま。だけど、干支が「卯年」の私。。。 そして、お目目ウルウルっ。
で、ウサビッチ、プーチンぽいよ。 うさそん、の勇ちゃん。。。
だから、勝手に?御縁。も感じてしまった。のだけれど。。。


「因幡の素兎(しろうさぎ)」の伝説。は、御存知の方も多いだろうか?


私は、その名称こそ、耳にした?!事はある。くらいで、ちゃんとしたお話(伝説)
を知らなかった?ので、ガイドさんが話してくれたこのお話には、終始ホォ~。ヘェ~。
のオンパレード。だった。


大社の御祭神である大国主大神は、童謡「だいこく様」にうたわれた「大きな袋を肩にかけ、だいこく様が来(き)かかると~」の一節であまりにも有名。これは「因幡の素兎(いなばのしろうさぎ)」伝説から作られたもので、だいこく様が鰐(わに)に皮をむかれ丸裸にされたウサギを救った光景を童謡にしたものだ。(引用 ⇐下に居るのが、瀕死の

重症を負った、因幡のしろうさぎ。そこに、手をかざし「治す」としている大国主大神。
この、出雲大社にお祀りされている、神との、伝説をモチーフにした、像。


この、沖に浮かぶ小さな島が、この因幡のしろうさぎ。が、鰐(ワニサメ)達を騙して、陸地まで渡ってきた。とされる、「因島」(実際の因島ではない。)だそう。


大国主大神は、因幡の素兎で知られるような思いやりと弱きものを助ける神様のように見られているが、若いころには兄弟の嫉妬やいじめなどで生命の危機を2度も経験している。『古事記』では、そのたびに女神などによって蘇生してきたことから、「復活」「再生」の神様 ともみられている。(引用)


そうなんだ。。。 頼む。。。 復活、再生。。。させてくれよ・・・・(懇願)


そうは言っても、それは。。。きっと、今の世。では、無理な事。。。それでも、
ここへ、行ったのには、きっと、何かしら。の「意味」があるのカモ。知れない.....


今後の。自分の。生き方に。やるべき事に。。。 「人々の癒し」に携わる事を、
一応の目標?として(全然そんなまだまだ、分不相応。なのだけれど。)居る自分に。


何かを・・・ そう感じた、ここ。出雲大社、参拝。ではあった。様な気はする。。。


そしてそして、名物「出雲そば」も堪能しました。

 わんこそばの様に、つゆに御蕎麦を

つけていただくのではなくて、お椀に、直接おつゆをかけていただくんだそう。
〆のデザートには、程よい甘さの「おはぎ」が。(写真、見切れてしまったけど。)
「おはぎ」は、やっぱり、勇ちゃん、大好物~で。よく、「オハゲ!」「おはげぇ~」と
言っては、2人で爆笑。。。してたよね。。。  どれもこれも、美味しかった。よ。


 稲佐の浜。

の夕景。八百万の神が集まるといわれる稲佐の浜は、出雲大社の西側に位置する。


私の唯一のカメラ。ガラケー。。。では、こんなに美しく撮る。事は出来ない。ので、
画像は、外部リンクから拝借させていただいたのだけれど。。。


今まで生きてきた中で、1番!!と言っても過言ではない。
とてつもなく、ドデカイ!そして、真ん丸な、真っオレンジの、こんなの見た事ナイ!!


って言う、本当に本当に、真っオレンジの、辺り一面の空を、その「彩」で埋め尽くされた夕景を、帰宅の最後、広島空港で見た。


その1枚を、ちゃんと(写真に)納められなかった事が、本当に悔やまれる><。けど、
シッカリと。この私の心の眼には、今も鮮明に浮かぶ程、焼き付いている。。。


これは。この旅の最後に見た、この風景・光景は。。。。
やっぱり、勇ちゃんからの「贈り物」だ。と、そう、私は思った。。。 ありがとう....。

【出雲大社】

山陰(山陽)ツアーの最終。
コレがメインで参加したツアー。最初にも記したけど、ココは、60年に1度。
の式年遷宮の年に。勇ちゃんと、一緒に行こう!!と企画して、結局行けず。。。


に終わった、約束の地。シリーズ。


出雲大社=ザ!縁結び。。。 みたいな感がとても強いけど。。。


私には、文才が全くと言っていい程なくて、中々、コレ!!と言う自分の想い。
だとか、気持ちだとかって、バシっと記す事が出来ない。。。


そんな時、同じ住処でブログをなさっている、同志さんのブロ記事に、たまたま
そう!!そうなのよ!!と言う記事を拝見し、勿論、御本人の承諾もいただけた
ので、こちらに、リブログさせてもらった。



私の感じた想い。だとか、気持ちだとか、まんま!見事に記されていて。。。
私が一番最初にこの、「死別」と言うカテの、「ブログ」と言う所へ辿り付いたのも
この、彼女のブログだったと記憶している。


まだ、結婚していない「彼」との事だったり、お付き合いしていた年数が、6年だったり
と、そして、その、気持ち。の推移も、何となく似ていて、実際、年齢は、私なんか
より、遥かにお若くして。。。 の出来事だったであろう事にも、胸が苦しくなる思い
と、同時に、相当支え(勝手に)られてもきた。


一概に「死別」(この表現はとても使いたくはないのだけれど。)と言っても皆様々で
全く同じ!!という事にはならない。
それでも。。。 今回の、この出雲大社へ行った際に自分が感じた想いだとか、願い。
だとかが、とても良く、分かり易く、記されていたので、拝借させていただいた。


承諾して下さった、ナナドゴブさん。本当に、ありがとう。。。


出雲大社の松の参道は、「下り参道」と言って、とても珍しい?参道なのだそう。

 ⇐コレ。

写真(下)の外観が良く、旅行案内?だとかでも使われる、「出雲大社」的なものに
多いそうだが、実はコレは、「神楽殿」。
神楽殿では、一般の結婚式だとか、イベント事が多く執り行われ、この日も、3組の
結婚式が入っていた。そう。


この日、私達ツアーの参加者も、参拝だけではなく、祈祷もしていただけた。
通常は、この神楽殿。で祈祷を受ける?そうなのだけど、今回は、その、結婚式だとか
の都合もあって、普段は、入れない、拝殿での祈祷・参拝となった。

 順序が。。。

本家よりも先にいただいてしまった、Hawaiiの「出雲大社」の御朱印帳。 その横に。
ちゃ~んと、本家の御朱印、いただいてきました。
祈祷を受けると、お神酒をいただくのだが、その際の、素焼きの盃。もいただける。
写真、左下にあるのが、その盃。


帰りに、割れてしまわないか。。。だけ、ヒヤヒヤして、持ち帰ったけど、無事でした。


元々、こういった神社・仏閣。内の、空気と言うか、場の感じ。。。 とても好きだ。
中でも、初めて訪れた、その。。。色んな「想い」を持って来た、この出雲大社での
空気感とか。。。 本当に清々しい?というか、神々しいというか。 別格。。。


お天気も、この旅行中の2日間、本当に良くって、なお更、格別。に感じた。な。
ガイドさんが、「出雲」と言うくらいなので、普段は 曇天。曇り空の日が多いこの地。
2日間とも、本当に良いお天気に恵まれて。。。とお話されていた。


何だって、こじつけ。だけど、「勇ちゃん(晴れ男の)頑張ったんだな。。。」って
思った。


ねぇ。勇ちゃん。。。 貴男は、私の眼には視えない?だけで、今も近くに居てて
くれている?のカモ。。。知れないけれど。。。 今も変わらず想うのは。。。
一緒に。居たいよ。。。 どうして、ここへ、一緒に行こうね~って約束していた、
この地へ。私は、たった1人で、来ているの??? いつになったら、貴男に逢える?
ずっと、ずっと、一緒に居られるの?だろうか。。。
あんなに。いっぱいいっぱい、神頼み。 したってしたって、何1つ、叶えてもらえなかった事ばかり。 なのに。又、祈って、お願い。してしまったよ。。。
きっと、叶えてくれなどしないのにね・・・ って、思っているのに。 どれだけ、何
に、誰に何をお願い、祈ったならば、私の想いは、届く(叶えて)のでしょうか・・・


逢いたいよ。。。今日も変わらず、ただ、貴男に逢いたいです。。。 勇ちゃん・・・。

足立美術館と八重垣神社。

ツアーの2日目。
出雲大社へ向かう前に、足立美術館と、八重垣神社へ立ち寄る。

足立美術館。。。 何とも「日本庭園」が素敵でした。「借景」の山々も見事に
調和していて、日本の“美”が、ここにはあるな。。。と。
絵心のナイ私には、他の絵画や美術品は、あまり良くわからない(汗)けど、この
あちらこちらで見かける、庭園は、素敵だと。 素直に思った。。。


山陰地方に行くと?テッパン?!お土産??有名なのは、「ひょっとこ饅頭」って。
この美術館のすぐ近くには、その、ひょっとこ。の記念館?みたいな施設もあった。
ひょっとこ ⇒ 火男(ひおとこ)からきた語源。。。 の話。知らなかった~~。
このお饅頭の。顔さ。ひょっとこだから、お口とんがらせているんだけど。
何とも愛らしくてカワイイ・・・そして、思う。
「チュ~」ってふざけて、私に寄ってくる、勇ちゃん。ぽい・・・ぽいよ....。(泣笑)



そして。。。 何だ何だ。 縁結び?だのなんの。って、特に“御縁”の御利益?の
ある所、それにしても、数々巡るツアーで・・・ 出雲大社だけで十分じゃないの???
と内心は思いつつ。


次に行ったのは、「八重垣神社」。

ここは、「鏡の池」という所の 占い?が有名・・・だそうで。。。
ガイドさんも、色々と、お話してくれた。
占いの用紙(紙)に硬貨を乗せて、その紙が沈む時間が長いとどう。とか、短いと・・
その池のふち近くだと、近い人?だとか、遠くまで流れると、遠い人?だとか・・・


詳細の案内はコレ。↓↓

所詮、「占い」だもの。。。 とも思ったし、遅くに沈もうが、遠くだろうが。。。
だって、誰よりも、今、遠い・・・所に、私の最愛の人。は居るのだから。。。
(一番近くて、一番遠い・・・) それでも、試しにやってみる。

 こんな感じ。。。

結果は???? と言うと。。。この案内に書かれている様な15分以内。って、そんなに
はかからなかった。けど。 2~3分?もしたか、しないか??
だから、コレが「早い」?!のか、遅いのかも、正直わからない。けど、中には本当に
全然沈まない。って方も居るらしい・・・(いつかは必ず沈みます。とガイドさん....)


浮かべた、池のふち。近くにずっとあったし。。。(近くに居るの?!勇ちゃん。。。)
当たり前に。だけど、私が願う。相手は、勇ちゃん。しか居ない訳で。


この結果?を都合よく解釈すると?! そう、遠く。。。ではナイのかな。その時は.....
って事にしよう。か。 そして、近くに居ててくれている。。。 んだと。ね。


だけど、バスに戻って、「占いの結果はどうでしたか~?」ってガイドさん。
ツアーに参加してた、家族連れの中の、多分小学生くらいの女の子。


池に浮かべて、「20秒」で沈んだって!!! 激早。 まだ、相当、遠いはず?よね、
実際には。。。 なんてね。


だから、そう。 所詮、占い。 なのよ。うん。。。
でも、浮かべて、滞在時間中、いっこうに沈まない(沈む瞬間見れないとか。)とか、
遥か彼方。池の遠く遠くへと~ 流れて行ってしまったり。って結果にはならなかった
のは、救い?!と言えば救い?なのかな。


まぁ、もしそうだったとしても。だ。捻くれてる自分は。
「そうよ。そうよ。遠く遠くの彼方。黄泉の国にいらっしゃる貴方だものね・・・」
とかってやさぐれて?納得。もしたんだろう?!けど。。。ね。


で。いよいよ、この後、今回の1番の目的。である「出雲大社」へ向かうのです....続く。

《鳥取砂丘》

最上稲荷を後にして、ツアーバスにて、一路、鳥取砂丘へ。


何せ、岡山空港から、陸路で今度は鳥取。な訳だから、結構時間もあったな。


バスガイドさん。のお話を色々聞く中で、へぇ~って思う事や、色々あった。。。


まずは「岡山」 岡山城の事とか。烏城とも別名があって・・・
オカヤマ。で、お城、黒い。カラス。。。うん。。。そうか。って、勝手に私的に、
腑に落ちたりする。


後はお稲荷さん。が、なんで、油揚げで、いなりずしか。。。とか。
お狐さんの好物が、御揚げで、どうやら、願い事とかを、まず初めに聞くのがお狐
さんだそうで、上(神)にシッカリと伝えてもらう為の今でいう、「袖の下」?的な
お供え。。。が、御揚げ。だって。。。 とかね。


ツアーって、こういうガイドさん、居るとむっちゃ、為になる?て言うか、へぇ~が
多くて。 なんだか、得した気?にもなった。。。。


そしてそして、目的地「砂丘」に着いた。

 まずは、リフトに乗って。。。

圧巻だ!!! 大地~~~~~!!!!って感じ。さすがだな。この広大な規模の砂丘
「スゴイ」の一言しかない。

この先の山?みたいな所。「馬の背」まで歩くと、片道20分くらい?とガイドさん
言ってたけど、さすがにこの私の脚力では。。。自信もなく・・・
(行ったら戻って来なきゃなんないし。。。)まずは、大きく窪んだ(下り坂)すり鉢形になってるその名も、「大すりばち」の途中までは行ったけど、泣く泣く?!戻る。


写真も撮ろう?!とすると、すぐに徴収に来るから気を付けて!!
って言われていたので、撮れなかったんだけど、「ラクダ」が5頭居た。観光客を
乗せてくれるらしいんだけど(有料で)この時は、皆「休憩中~」で、座ってた(笑)


前から。。。お目目のせい?!もあるんだろうけど。。。
勇ちゃん・・・ぽい。よ。(笑)。ラクダ。や、カンガルーとか。。。良くそんなん
言って笑ってたっけな。「お久ぶりです。勇ちゃんさんや(笑)」って、ラクダさんに
心の中で話かけてしまった。「誰がラクダやねん!!」って勇ちゃんが返してる気もした
(エアー回想、エアー会話。。。1人ノリツッコミ。みたいな・・・)


馬の背からの眺め〈海〉は、見て見たかったな。。。って思ったけど、何せ自由時間が
1時間しかなかったし、ガイドさんお勧めの、「梨ソフトクリーム」も食べたりしたかったし。。。ね。のんびりするか~って。
写真も撮らず、お腹に入ってしまった梨ソフト。はスッキリしていて、勿論大変、美味。おいしゅう御座いました。(笑)


砂丘では、無料で長靴を貸してくれる。砂が細かすぎて、靴に入ると大変!なんだそう。


確かに。。。サラっサラ。
記念に?!砂を・・・って持ってくる事は、「天然記念物」の為、禁止です!!と。

ここでもやはり、又思ってしまった。。。勇ちゃんと一緒に居たなら。。。きっと、私の手を引いてグイグイ、きっと馬の背まで行って、帰りもグイグイ引っ張ってくれた。
だろう。と。


エアー回想は、この旅中、フルに行われる訳なんだけど。。。
2人して、あの馬の背に立ち、「海」を眺めてた。。。光景を想像する・・・。何とも
言えぬ気持ちになる・・・


前に、ミディアムさんのワークで。
「自然の力」や、大地のパワー。 素足で直に立ってみたりすると良い。って聞いてた。


長靴と靴下を脱いで、この「大地」に立ってみた。。。 パワー。。。チャージ・・・


確かに?良くはわからないけど、大自然の中に自分が抱かれた様な、自分も自然の中の
一部なんだと・・そんな風に感じる?なんとも言い表し難い、感覚。。。 なんだけど。


鳥取砂丘は、どうしてだか?私は昔から、1度はどうしても行ってみたい。って思う
場所ではあった。。。 こんな形で。 来る事になったけど、それでも、1つ、クリア
した?感もあったな。 死ぬまでに行ってみたい所。の中のね。


そして、宿泊先は、「大山」。別名を 「伯耆(ホウキ)富士」と呼ばれる麓のホテル。

お部屋から見える(マウンテンビューのお部屋だった。)大山。
確かに。。。左側の小さいポチっも、富士山にもある宝永山。ぽい?!ちゃぽいし・・・


露天の温泉にも浸かって、美味しい夕食も食べて、明日の本命?「出雲参拝」に向けて
ゆっくりしようか。。。 と。

 お浄め??? 1人、まったり、鳥取名物?!

の「梨」のお酒を堪能した、夜でした。。。(ここでも飲むんかい!!)って勇ちゃんに怒られそうだなぁ。(汗)     続く。

山陰(山陽) 旅行記。

先週末から、1番の目的は「出雲大社」なんだけど。
勇ちゃんとの、一緒に。って、約束で叶わなかった、【約束】の地、シリーズ。
(勝手にシリーズ化してるけど。。。) 山陰へ出かけた。


前にも記したけど、今、私は、行ける所、行けない所、やれる事、やれない事、は
まだまだ沢山あって、それでも、一緒に。っていう思い出がない所・事。の方が
今の私には、行ける・動ける、出来る。事だから。。。


出雲大社の「式年遷宮」60年に1度の。2013年。この時は、伊勢神宮も遷宮って時で、
ダブルの記念年だった。


飛行機に乗った事が今まで1度もなかった勇ちゃんと、今度は飛行機(国内だけど)
乗って、出雲行こうか!って、旅行を企画してた時があった。 結局、諸事情あって、
それは又今度ね。。。ってなってしまって、結局行けずに今に至る。。。


お伊勢さんの遷宮は、20年後。そっちはまだ、次でも生きてる?行けるだろうけど、
さすがに、出雲の60年後は無理だわぁ~って言って計画したのに、60年どころか、その後3年もしないうちに....。      いなくなってしまう。なんてね。あの時は思いもしなかった。


又、今度・・・ ではなく、何で、意地でも行かなかったのか。。。今となっては、
そんな諸事情。なんて、全然大した事でもなかったのにな・・・って、後悔。しても
仕方ないのに。。。



と、言う訳で、遅ればせながら、約束の地へ向け、1人?! 出向いた訳。
(視えない勇ちゃんも一緒に?居た。んでしょう?けど。。。)
今回は、何も勝手がわからないので、旅行会社のツアーをお願いしたんだけど。。。


今って、本当に、「お1人様」参加の多い事多い事。だし、ちゃんと、お1人様対応も
されていて、本当に有り難いなぁ~って、関心したわ。


私も含め、多分お1人さま参加の女性(男性のお1人さまは居なかった。)は計4人。
私と同世代であろう方1人と、もう少しお姉さま的年齢層の方がお2人。


後は家族連れや、年輩御夫婦。やっぱり、巡り先が?だからか、年齢層は全体的にみて
高め。だったかな。


お1人さま 同士だからと言って、仲良く?なったり。って事もなく、無用な気遣いとか
お話とか。もしなくて済んだのは、やっぱり、今の私にとっては、ありがたい。事。


山陰、(山陽)と書いたのは、行きの空港 岡山。で、帰りの空港が広島。という、ほぼ
空港のみ。の滞在が山陽地方にあったから(笑)


初日、は。まず、羽田から岡山空港へ。
そこから、日本三大稲荷?の1つ?!と言われている、「最上(高松)稲荷」へ。

 この、狛犬?というか、お狐さま?

は、なんだか、筋骨隆々で、ちょっと笑えた。(罰当たり?!かな。)
裏手には、これ又金ピカ☆な仁王像の立つ 仁王門。


それから、ここには「縁の末社」があって、縁切り。と、縁結びの両参りが出来るそう。

この後の、2日目、が、「ザ・縁結び!」的な出雲大社(メイン)の参拝。があるから?
良縁、結ぶ前に、「悪縁」断ち切る・・・ みたいな。???


「悪縁」と言っても、私には、そんな断ち切りたい!縁。なんて、今はナイし。。。
縁きり。とか言うと、なんか怖い。し、ゾっとする。。。


けど、“縁”にも色々あって(色恋だけじゃなく)、悪い習慣、ギャンブルとか、お酒とか
タバコだとか。。。 そういうのもひっくるめて悪縁切り(絶ち)ってするそうで、木の
お札に、自分の名前と、切りたい事(人の名前とか)を書いて、真っ二つに木札を折って(割って)そのお札を納めてくる。お札は勿論、割れやすい様にはなってるんだけど。


ここでも、御朱印帳(勇ちゃんの)もらったよ。

 八大龍王。。。 そう。なんだ。。。

私の身に着けている、パワーストーンブレスの1つに、この「八大龍王」がある。そして
このブレスは、勇ちゃんがとても気に入っていた物・・・  はぁ。。。何かなぁ・・・


御稲荷さん。と言う事で、こちらの参道の商店にて、名物「おいなりさん」を買って、
いただく。 何とも甘目で、美味しい、いなりずしだった。
勇ちゃんは、こういう甘目の強い、甘じょっぱい、濃いめの。そしておいなりさんが。
大好きだったね。。。


そうして、次の目的地は、「鳥取砂丘」へ。なんだけど、少し長くなったので、これは又明日、記す事にしよう。。。   続く。