天国の勇ちゃんへ

わずか17日と言う闘病の果て、旅立ってしまった彼へのメッセージと、自分の想いを綴ります。

逢いたかった。 やっぱり。

祥月命日までが、自分のタイムリミット。
そう真剣に思っていた。 事は、昨日も記したけど。。。


「自分を感じられる。感じる事が出来るよ~」って、そう貴男は、
セッションの時に言ったね。


2人の想い出の場所。でもあり、貴男が、実際に眠る場所。 この海に。。。


結果的に、何かを感じた。とか、何か。があった訳じゃない。
夏に来た時と同じ様な、車の中の、3つ並んだ《のほほん族》の、あの時と同じ
真ん中の、ブルーのコ。だけ、がカタカタ揺れていた。けど。


お花は、2人が好きだった、「オレンジ」をベースに。 あ、後、どうしても。

赤いチューリップ。入れたかったの。 こんな感じになった。

初めて勇ちゃんが、私にくれたお手紙。 には、真っ赤なチューリップが沢山
咲いている画像に、素敵な “詩” と一緒にくれたよね。
そして、「チューリップの花言葉を添えて・・・」って書いてくれてた。


花屋さんで最近見かけて、店員さんが、「チューリップは春のお花なんですよ。」
って聞いた。 この時期の。って。


暦の上では、3月になると、「春」なんだそうね。
全くそんな実感も、ないけどさ。 季節感とか。本当に、ナイな。


でも、ただ、海で過ごした時間。 やっぱり、必要?だったのカモね。


いっぱい泣いたし、聞いてくれてる?であろう勇ちゃんに向けて、色んなお話。
もした。(ただの独り言・・・だけどさ。)


心配して、この日も一緒に。って言ってくれてた友人。(勇ちゃんお誕生日の時に
一緒にココへ来てくれたコ)にも、せっかくの、お気持ちを。断ってしまったし、
悪い事しちゃった。
けど、1人で来たかった。 この日。だけはね。


天気もイマイチ。風が凄くて、風波。コンディションは、あまり良くはなかったね。
でも、何人かは。波乗りしてる人達も居て。  私がこの先、実際に、それをする。
って事、あるのかな・・・ 確かに前は、海に入ってる時は、“無”にはなれてたけど。
1人で、はまだ出来ない。事の1つだな。コレも。。。

 あまり良く撮れてないけど。

【天使のハシゴ】 やっぱり降りてて。。。 本当にこんな感じで。例えば年1。
でもいい。 あちらから、降りて来て、逢える。って事。ナイかな。。。とか。


向かう車で、所々では、「雨」も降ってて。又思い出すよね。
雨女?な私と、ハゲ(晴れ)男の勇ちゃん。 いつだって、この天気が共存してさ、
だけど、結局は、勇ちゃんのパワー?が勝って、お天気は、何とかもつ。


海に着いた時には、鈍曇だった。けど、徐々に青空。なんかもチラホラ出てきて。
「あ。もしかして、夕陽?見れたりして・・・」って思った。


冬の海は、本当に、キラキラ輝いてるんだよね。
水も、変わらない?んだろうけど、一層、澄んでいる。様にも見える。

 ほら。ね。

コレも、私のガラケの限界ね。写りがイマイチ。 綺麗さが。。。
でも、真っ暗に雲だらけ。な 垣間見えて顔を出したよ。 夕陽。金色の優しい光。
それを反射する、波も。キラキラ光ってて。


思わず、「わぁ~」って声も出た。めっちゃ綺麗やん・・・って。
そして、こんなもんじゃない!!いっつも勇ちゃんと眺めてた、「オレンジ」に一面
染まった景色・光景。共に過ごしてた。「時間」を想い出して蘇って。。。


日が落ちて、気持ちも堕ちて。。。そしたら、土砂降り。になった。
雨音と、波音を聞きながら、自分の気持ち。想い。いっぱいいっぱい、話したけど。


勇ちゃん、聞いてくれてましたか? 届いていましたか?
私には、届かない。感じられなかった。けど。 お返事、しててくれたのかな・・・


逢えない。事は、頭や、理性では、理解はしてたよ。
けど。やっぱり。それでも。 どうしても。 貴男に逢いたかった。


期待するだけ、アホやんな。っても思ったりもしたけど。さ。 これから私、どうしたら
良いんだろう。。。な。


色んな想い。考えが。 実際、まだ、私の中に。 沢山あって、ゴチャゴチャよ。
それでも。 ココに。行った。過ごした。事は、良かった。 って、それは思ってる....。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。