天国の勇ちゃんへ

わずか17日と言う闘病の果て、旅立ってしまった彼へのメッセージと、自分の想いを綴ります。

絶対的マイノリティ。ではない。 事。

こないだ、転職を考えてるって、友人。
高校時代からの親友?(だろうな。今も付き合いがあるのは、この子だけ。だし)
と、会った時の会話で。


「そう言えば、みーちゃん。も、確か御主人、亡くなった?とかってよ・・・」


って言われた。


みーちゃん。。。この子は、高校、中退しちゃった子なんだけど、そう言えば、
結婚式。2人の手作り感満載の、アットホームな、「会」みたいなの、呼ばれて
出席。したんだったな。。。会った(再会)のも、私はこの日が最後になったけど。


私は、諸事情?!あり、ほぼ、地元にもおらず、高校時代の友人も、連絡も取ったり
する。って仲間もおらず、唯一、この、親友。しか、私の所在や(実家にも居なかった
ので)連絡先を知る人はいなくて、それなのに、私を招待したいんだ!って、何とか連絡を取って欲しいと、この親友に頼んできてくれたコ。


クラスも一緒にはなった事は、なかったんだけど。。。今思うと、何でだったのかな?
きっかけは。。。でも、結構良く、仲良くツルんでるメンバーだったよね。


カラオケ行っても、みーちゃん十八番の「工藤静香」は、振り付けまで、完コピ出来ちゃう!!ノリノリで唄う、みーちゃん。


かなり小柄で、小っちゃい!のに、肝っ玉母さん?風な。


それは、確か、歳の離れた兄弟?とかが多くて、私生活でも、面倒見が良かったタイプ
で、本当に、優しくて可愛らしい。。。 でも、男運がナイ???って言うかな。。。


みーちゃんの、中学からの同級生の 「れつ」にずーーーーっと一途に恋して。片想い
これはさ。。。叶わない(報われない)深い深い事情があって。。。
れつ は、いわゆる同性愛。。。の子で。
だから、みーちゃんは、それも知ってて。だけど、「おコゲ」ちゃん。だった。。。


それでも、とにかく、ずーっとずっと、一途にれつの事が好きでさ。。。


だから、みーちゃん、結婚!!を聞いた時、本当に嬉しかったし、心から幸せになって
もらいたい。って心底思った。
(式には、れつも来てたね。。。性別を超えた?!親友みたい。になってたのかな。)


同級生との関わりもプツっと途絶えていた私には、その、「会」、結婚式が、プチ
同窓会?みたいにもなったし、何より、こんな私に声かけてくれるなんてね。。。
やっぱり、とにかく優しい「みーちゃん」なのだ。っていう思い。しか、今もないな。


お相手は、確か埼玉?方面在住で、結婚後は、彼の御両親との実家・同居暮らし。って
聞いてた。(お仕事関係が、自営?だったから。の様な・・・)
2人の出会い、馴れ初めは、お相手の御主人の一目惚れ♡の、猛アプローチ。
「夏」の海での、【ナンパ】だって(驚)!! みーちゃん。。。って、そういうタイプ
?!では、全然ない。。。なかったからなぁ~~。(笑)


それでも、初めてお会いした旦那さま。は、とても優しいそうな、お人柄が見てとれたし、年齢は、同い年、だったか、1つ、2つくらい上。だった様な。。。


結婚後。の住まいも遠かった?のもあるし、風の便りで、みーちゃんは、子宝にも恵まれ
て、確か?3人。。。くらい、お子様も居る。。。っていう感じ?は何となく知ってた。


その。。。みーちゃんが。。。 私よりも、前に。そして、それならば、きっと、かなり
お若くして。。。お相手。の。 お別れ。になったんだろう・・・って。


私と同じく、【同志】の立場になっている。。。んだ。。。


背後にある状況も、私とも、全く違う。し、その、お子さんの人数や、彼の御実家にの
同居。のまま。 だとして。。。 背負うものや、環境。きっと、もの凄く大変。だろう
とも容易に想像もつくけど。。。 でも。何より。 みーちゃんは、どんな思いや、心境
感情を抱えて、「今」を過ごしているのだろうか。。。


確かに、今。の自分の近隣には。こんな経験、立場になっている人はいない。
「どうして自分だけが!!」って言う思い、酷い感情だって、まだ手放せないでいる自分


だけど、世の中には、「死別」(こう言う言い方はしたくはないけど。)を経験されて
る方は少なくはない。 自分が、圧倒的マイノリティな存在。だと、思ってはいない。
(頭では、理解出来てるハズ。。。だけど、気持ちの部分が。。。><)


身近?ではないけれど、やはり。 この、みーちゃんの話を耳にした時。。。
もし、会える機会があるのなら、みーちゃん。。。会って話をしてみたいな。。。って、
何だか思った。


みーちゃん・・・貴女は今、どう過ごされているのですか? どんな気持ちを抱えて
どんなふうに、今を生きて、過ごしているのでしょうか。。。


もしかしたら、まだ、こんなにもダメダメで、グズグズな私の様には過ごしていなくて、
あの「肝っ玉母ちゃん」を、根っからの根性と、優しさで、演じているのですか???


それとも・・・ こんな私を、笑い飛ばして?くれるくらい、でも、あの頃みたいに、
優しいく、寄り添って、そして、この、「哀しみ」や「悼み」を、共感出来て、分かち
合える?のかな。。。  いつか、何処かでみーちゃんに。。。バッタリ会う?様な事
があったなら・・・ 敢えて連絡は、取らない。けど。 そんなふうに思ったよ。。。


同じ空の下。 哀しみを抱えているのは、自分だけ!じゃないんだと。改めて想う・・・

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。