天国の勇ちゃんへ

わずか17日と言う闘病の果て、旅立ってしまった彼へのメッセージと、自分の想いを綴ります。

【出雲大社】

山陰(山陽)ツアーの最終。
コレがメインで参加したツアー。最初にも記したけど、ココは、60年に1度。
の式年遷宮の年に。勇ちゃんと、一緒に行こう!!と企画して、結局行けず。。。


に終わった、約束の地。シリーズ。


出雲大社=ザ!縁結び。。。 みたいな感がとても強いけど。。。


私には、文才が全くと言っていい程なくて、中々、コレ!!と言う自分の想い。
だとか、気持ちだとかって、バシっと記す事が出来ない。。。


そんな時、同じ住処でブログをなさっている、同志さんのブロ記事に、たまたま
そう!!そうなのよ!!と言う記事を拝見し、勿論、御本人の承諾もいただけた
ので、こちらに、リブログさせてもらった。



私の感じた想い。だとか、気持ちだとか、まんま!見事に記されていて。。。
私が一番最初にこの、「死別」と言うカテの、「ブログ」と言う所へ辿り付いたのも
この、彼女のブログだったと記憶している。


まだ、結婚していない「彼」との事だったり、お付き合いしていた年数が、6年だったり
と、そして、その、気持ち。の推移も、何となく似ていて、実際、年齢は、私なんか
より、遥かにお若くして。。。 の出来事だったであろう事にも、胸が苦しくなる思い
と、同時に、相当支え(勝手に)られてもきた。


一概に「死別」(この表現はとても使いたくはないのだけれど。)と言っても皆様々で
全く同じ!!という事にはならない。
それでも。。。 今回の、この出雲大社へ行った際に自分が感じた想いだとか、願い。
だとかが、とても良く、分かり易く、記されていたので、拝借させていただいた。


承諾して下さった、ナナドゴブさん。本当に、ありがとう。。。


出雲大社の松の参道は、「下り参道」と言って、とても珍しい?参道なのだそう。

 ⇐コレ。

写真(下)の外観が良く、旅行案内?だとかでも使われる、「出雲大社」的なものに
多いそうだが、実はコレは、「神楽殿」。
神楽殿では、一般の結婚式だとか、イベント事が多く執り行われ、この日も、3組の
結婚式が入っていた。そう。


この日、私達ツアーの参加者も、参拝だけではなく、祈祷もしていただけた。
通常は、この神楽殿。で祈祷を受ける?そうなのだけど、今回は、その、結婚式だとか
の都合もあって、普段は、入れない、拝殿での祈祷・参拝となった。

 順序が。。。

本家よりも先にいただいてしまった、Hawaiiの「出雲大社」の御朱印帳。 その横に。
ちゃ~んと、本家の御朱印、いただいてきました。
祈祷を受けると、お神酒をいただくのだが、その際の、素焼きの盃。もいただける。
写真、左下にあるのが、その盃。


帰りに、割れてしまわないか。。。だけ、ヒヤヒヤして、持ち帰ったけど、無事でした。


元々、こういった神社・仏閣。内の、空気と言うか、場の感じ。。。 とても好きだ。
中でも、初めて訪れた、その。。。色んな「想い」を持って来た、この出雲大社での
空気感とか。。。 本当に清々しい?というか、神々しいというか。 別格。。。


お天気も、この旅行中の2日間、本当に良くって、なお更、格別。に感じた。な。
ガイドさんが、「出雲」と言うくらいなので、普段は 曇天。曇り空の日が多いこの地。
2日間とも、本当に良いお天気に恵まれて。。。とお話されていた。


何だって、こじつけ。だけど、「勇ちゃん(晴れ男の)頑張ったんだな。。。」って
思った。


ねぇ。勇ちゃん。。。 貴男は、私の眼には視えない?だけで、今も近くに居てて
くれている?のカモ。。。知れないけれど。。。 今も変わらず想うのは。。。
一緒に。居たいよ。。。 どうして、ここへ、一緒に行こうね~って約束していた、
この地へ。私は、たった1人で、来ているの??? いつになったら、貴男に逢える?
ずっと、ずっと、一緒に居られるの?だろうか。。。
あんなに。いっぱいいっぱい、神頼み。 したってしたって、何1つ、叶えてもらえなかった事ばかり。 なのに。又、祈って、お願い。してしまったよ。。。
きっと、叶えてくれなどしないのにね・・・ って、思っているのに。 どれだけ、何
に、誰に何をお願い、祈ったならば、私の想いは、届く(叶えて)のでしょうか・・・


逢いたいよ。。。今日も変わらず、ただ、貴男に逢いたいです。。。 勇ちゃん・・・。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。